1. 「拘束時間」の考え方と前日より出勤時間が早まる場合の注意点

    運行管理者の実務

    「拘束時間」の考え方と前日より出勤時間が早まる場合の注意点

    今回は旅客運行管理者の基本となる「拘束時間」について解説していきます。【拘束時間に関する基準】○4週平均で1週間当たり65時間○貸切バスを運行する営業所において運転の業務に従事する者、貸切バスに乗務する者及び高速バスの運転者については、労使協定があるときは、52週のうち16週間までは、4週平均で1週間当たり71.5時間まで延長可。○1日原則13時間、…

  2. 運行管理をする上で大切な、拘束時間・休憩・休息期間とはのイメージ

    運行管理者の実務

    運行管理をする上で大切な、拘束時間・休憩・休息期間とは?

    運行管理者最大の仕事は運行計画の作成です。運行計画とは、運転士の出勤時間から退勤時間まで一日の運転スケジュールを立案することで、運転士の勤怠や健康管理に…

  3. 実務上の知識及び能力の分野で出題される「運行計画問題」の解説のイメージ

    運行管理者の試験

    実務上の知識及び能力の分野で出題される「運行計画問題」の解説

    運行管理者の日常業務で一番比重が高いのが運行計画(運行指示書)の作成です。作成に関しては運転士の拘束時間・運転時間・休憩時間などの詳細を定めたバス運転者の労働時…

  4. 旅客運行管理者の試験対策は過去問に尽きる

    運行管理者の試験

    運行管理者の試験対策は過去問に尽きる!

    運行管理者の試験は全30問となっていますが、出題範囲は「道路運送法」「車両法」「道交法」「労基法」「実務上の知識」と非常に広大で参考書も非常に分厚く、「どうやっ…

  5. 旅客運行管理者試験の受験資格と合格ラインは

    運行管理者の試験

    運行管理者試験の受験資格と合格ラインは?

    今回は運行管理者試験の受験資格と合格ラインについて解説していきましょう。運行管理者試験の受験資格まず、試験を受けようとするときの受験資格は大きく…

  6. 「運行管理者試験(旅客)」気になる最近の合格率はイメージ

    運行管理者の試験

    「運行管理者試験(旅客)」気になる最近の合格率は?

    「旅客の運行管理者の試験を受けるけど、合格率はどうなの?」と心配されている方も多いはず。そこで、この記事では気になる合格率と難易度について紹介していきましょう。…

  7. 規制強化の中で置き去りにされる運転手の労働環境イメージ

    コラム

    規制強化の中で置き去りにされる運転手の労働環境

    2016年、長野県の碓氷バイパスで15人が死亡した「軽井沢スキーバス事故」。さかのぼること4年、2012年に7人が死亡した発生した「関越自動車道高速バス居眠り運…

  1. 運行管理をする上で大切な、拘束時間・休憩・休息期間とはのイメージ

    運行管理者の実務

    運行管理をする上で大切な、拘束時間・休憩・休息期間とは?
  2. 「拘束時間」の考え方と前日より出勤時間が早まる場合の注意点

    運行管理者の実務

    「拘束時間」の考え方と前日より出勤時間が早まる場合の注意点
  3. 「運行管理者試験(旅客)」気になる最近の合格率はイメージ

    運行管理者の試験

    「運行管理者試験(旅客)」気になる最近の合格率は?
  4. 実務上の知識及び能力の分野で出題される「運行計画問題」の解説のイメージ

    運行管理者の試験

    実務上の知識及び能力の分野で出題される「運行計画問題」の解説
  5. 旅客運行管理者の試験対策は過去問に尽きる

    運行管理者の試験

    運行管理者の試験対策は過去問に尽きる!
PAGE TOP